【感想・評価】『007 サンダーボール作戦(ネタバレ)』レビュー

アクション映画のレビュー
この記事は約3分で読めます。

ショーン・コネリー主演のスパイ映画『007 サンダーボール作戦』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

サンダーボール作戦のストーリー

原爆を搭載したNATOのジェット機が世界的犯罪組織”スペクター”に奪われた。

原爆奪還の指令を受けて、ボンドはジェット機が消えたバハマへと飛ぶ。

そこで出会ったのは美しい愛人を従えた謎の大富豪ラルゴだった……。

引用元 – Youtube

サンダーボール作戦の出演陣

役者 役名
ショーン・コネリー ジェームズ・ボンド
クローディーヌ・オージェ ドミノ
アドルフォ・チェリ エミリオ
ルチアナ・パルッツィ フォオナ
フィリップ・ロック ヴァルガス
スポンサーリンク

感想/過去作に及ばない

007 ドクター・ノオ』『007 ロシアより愛をこめて』『007 ゴールドフィンガー』に続くシリーズ四作目となる今作「サンダーボール作戦」。

今回は海底”も”舞台にしたスパイ活劇になっており、水中でのアクションというこのシリーズにとっては新しいことに挑戦しています。

ただし、終わってみれば過去作に及びません。

目玉の”水中でのアクション”は水中ゆえにアクションが鈍く、全員が潜水服を着ているので”どれが誰か”判別も付きません。

また、無意味なサービスシーン❤や特に進展しない中盤に時間が割かれているので、全体的に間延びした印象も受けました。

さらに【スペクター】が再登場していますが、「ロシアより愛をこめて」のような”世界を裏で操っている連中”というスケール感が失われているので、これも期待外れでした。

最後の博士が寝返る

元々、ご都合主義的な展開は少なくありませんでしたが、今回はエンディング部分でそれをやるので醒めてしまいました。

最後の最後で核兵器の開発に携わる博士が寝返るのですが、あまりに唐突すぎて唖然としました。

よって、騙し、騙されるスパイ活劇としては『007 ロシアより愛をこめて』、アクション重視のスパイアクションとしては『007 ゴールドフィンガー』に軍配が上がります。

【感想・評価】『007 ロシアより愛をこめて(ネタバレ)』レビュー
ショーン・コネリー主演の007シリーズ二作目『ロシアより愛をこめて』のレビュー。
【感想・評価】『007 ゴールドフィンガー(ネタバレ)』レビュー
ショーン・コネリー主演の007シリーズ三作目『ゴールドフィンガー』のレビュー。
スポンサーリンク

まとめ

全体的にイマイチなボンド映画。

確かにボンド映画として”外れ”ではないのですが、優れた過去作がすでに存在しており、それらと比較するとやはりイマイチという印象が拭えません。

関連記事>>>【ショーン・コネリー】全て観た私がオススメの007を紹介!

▼007シリーズの関連記事▼

タイトルとURLをコピーしました