【感想・評価】『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

実話を基にしたヒューマン・ドラマ。

路上生活者・ジェームズのもとに現れた一匹の野良ネコが彼の人生を一変させる。

スポンサーリンク

紹介

ボブという名の猫 幸せのハイタッチのストーリー

路上ライブで生計を立てるジェームズは、薬物依存症に苦しむ路上生活者。

そんな彼のもとに一匹の野良ネコが迷い込んで来る。

ジェームズはそのネコをボブと名付けて一緒に生活を送ることにしたのだが、それをきっかけに彼の人生は一変する。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチの出演者

役者 役名
ルーク・トレッダウェイ ジェームズ
ボブ など ボブ
スポンサーリンク

感想

愛猫ボブがジェームズにチャンスを与える

  • ネコを飼える経済力を見られている?
  • ネコに受け入れられている人物だから?

とにかく、ジェームズは愛猫ボブと行動を共にするようになってから人々の温かい歓迎を受けるようになり、目の前に広がる世界が一変します。

薬物依存症で路上生活者だったジェームズは、ボブが現れたことをきっかけにどん底から這い上がり、自分の人生を自分の足で歩めるようになります。

映画ではそんな彼のサクセス・ストーリーが描かれ、人の温かさやネコの愛らしさを存分に味わうことができますが、一方で依存症特有の苦悩や有名税とも言うべき騒動についても描かれます。

よって、映画自体はバランスよくサクセス・ストーリーと彼の苦悩について描かれるので、一つのヒューマンドラマとしても十分に楽しめる作品でした。

もちろん、ボブの愛らしい表情や仕草もたくさん観ることができます。

実は実話

原作はイギリス発の同名の本です。

そして、原作は著者であるジェームズ・ボーエン氏の実話を基にしたノンフィクション本なので、映画自体も実話ベースになっています。

映画の最後ではジェームズさんとボブのその後が紹介されます。

なお、ジェームズさんとボブの近況は公式アカウントStreetCat Bob(@StreetCatBob)で確認できます。

スポンサーリンク

まとめ

心温まるヒューマン or キャット・ドラマでした。

ネコの魅力で溢れた一作でもあり、同時にジェームズの苦悩と再起についても描かれるヒューマン・ドラマでもあり、非常にポジティブな余韻が残る映画です。

▼関連記事▼

タイトルとURLをコピーしました