【感想・評価】『アメリカン・ハッスル』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

クリスチャン・ベール主演の政治系サスペンス映画。

監督が『世界にひとつのプレイブック』ということで、そのキャストが再結集しています。

スポンサーリンク

紹介

アメリカン・ハッスルのストーリー

政界を巻き込む一大汚職事件を嗅ぎつけたFBIは、天才詐欺師たちを捜査に参加させ、腐敗した政治家を一斉検挙する作戦を立てる。

アメリカン・ハッスルの出演陣

役者 役名
クリスチャン・ベール アーヴィン
ブラッドリー・クーパー リッチー
エイミー・アダムス シドニー
ジェレミー・レナー カーマイン
ジェニファー・ローレンス など ロザリン
スポンサーリンク

感想

まさにハッスル

稲妻のように激しい映画でした。

映画自体は”80年代のアメリカ”で実際に起きた汚職事件に着想を得たものですが、それを怒涛のマシンガントーク、二転三転するお話や男女の激烈な恋愛模様を通して描いており、最初から最後まで激しい映画でした。

また、天才的な男女の詐欺師を中心に各々の思惑が衝突するお話はエンタメとして面白く、各キャラクターも個性的で良かったです。

さらに、虚勢を張り、失敗を恐れて貪欲に「成功」を追い求めるアメリカンな人たちの姿は印象的で、題名の『アメリカン・ハッスル』をまざまざと見せ付けられます。

個人的には70~80年代のアメリカを連想させるファッション、小道具や映像の質感も刺さりました。

出演陣がやけに豪華

主人公の詐欺師を演じるのはクリスチャン・ベールで、彼のパートナーを演じるのがエイミー・アダムス。

また、彼らをコントロールする捜査官をブラッドリー・クーパーが演じています。 さらに、ジェレミー・レナー、ジェニファー・ローレンスやロバート・デ・ニーロも出演しています。

クリスチャン・ベールは汚えおっさんを、ブラッドリー・クーパーは狂気が見え隠れする捜査官を見事に演じていますし、エイミー・アダムスは頭の切れる詐欺師を、ジェニファー・ローレンスは不安定さと気品を兼ね備えた女性を演じています。

ジェレミー・レナーも、この映画では善良な市長を演じています。

ロバート・デ・ニーロに関しては…ぜひ実際に観て確認してみて下さい。

この映画は、すでに実力が認められた俳優たちによる演技合戦も魅力的な作品になっています。

スポンサーリンク

まとめ

社会派のテーマを上手くエンタメとして描いた良作。

それぞれの思惑が衝突するストーリーや、二転三転する展開が面白く、かつ豪華俳優陣による演技合戦も魅力的な映画でした。

タイトルとURLをコピーしました