【感想・評価】『天使と悪魔(ネタバレ)』レビュー

ミステリー映画のレビュー
この記事は約3分で読めます。

トム・ハンクス主演のミステリー映画『天使と悪魔』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

天使と悪魔のストーリー

ローマ教皇が死去し、教皇不在の中で教皇候補の枢機卿4人が何者かに誘拐される事件が発生。

この件を内密に解決したい教会側は、ラングドン教授に捜査を依頼する。

天使と悪魔の出演陣

役者 役名
トム・ハンクス ラングドン
ユアン・マクレガー カメルレンゴ
アイェレット・ゾラー ヴィットリア
ステラン・スカルスガルド リヒター
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ オリヴェッティ など
スポンサーリンク

感想

続・良質な歴史ミステリー

ラングドン教授と一緒に有名な観光地を巡りつつ、その土地を舞台にした壮大な歴史ミステリーを楽しむ映画シリーズの2作目。

今回は”反物質爆弾”が強奪されたことに端を発する事件を中心に、400年以上にも及ぶ教会とイルミナティの対立をミステリー仕立てで描きます。

神を信奉する教会と、科学を信奉するイルミナティの水と油の関係性を描くお話は面白く、ヴァチカンの教会や歴史を織り交ぜたミステリーは、やはり今作も楽しめました。

ちなみに、今回も─

ラングドン「あ~、これがピウス9世の大去勢か。1857年、ピウス9世は~」
ラングドン「1668年、教会はイルミナティの科学者4人をさらい、4人の胸に十字の焼印を押した。彼らの罪を清めるために」

というように、ラングドン教授の解説が入るのでストーリー面で置いてけぼりになることは無かったです。

映画としては、前作『ダ・ヴィンチ・コード』が”イエス・キリストの末裔”に関する話だったことを思えば、今作は非常に娯楽色が強くなっており、ミステリーとサスペンスのバランスが良かったです。

さらに、前作のような無理がある展開も目に付きませんでした。

【感想・評価】『ダ・ヴィンチ・コード』レビュー
トム・ハンクス主演の歴史ミステリー映画『ダ・ヴィンチ・コード』のレビュー。

【?】やや雑に感じる点も

今作のヒロイン的な研究者・ヴィットリア。

彼女自身が”反物質”の研究に従事していたので無関係ではありませんが、特に周りから咎められることなく、捜査にガッツリ絡んで来る展開は違和感がありました。

(ヒロインだから、と言われればそれまでですが)

あと、凄腕の刺客も詳細が不明のまま退場し、「彼はどういう人物だったのか」「雇い主との関係性は?」という点が消化不良気味でした。

【感想・評価】『ダ・ヴィンチ・コード』レビュー
トム・ハンクス主演の歴史ミステリー映画『ダ・ヴィンチ・コード』のレビュー。
スポンサーリンク

まとめ

娯楽映画としてスケールアップした続編。

“反物質爆弾”によるテロ騒ぎと、プレフェリーティ4人の人質事件を同時に描く欲張りセットになっており、教会とイルミナティの400年以上にも及ぶ確執を描くミステリーは見事でした。

関連記事>>>【感想・評価】『ダ・ヴィンチ・コード』レビュー

【感想・評価】『ダ・ヴィンチ・コード』レビュー
トム・ハンクス主演の歴史ミステリー映画『ダ・ヴィンチ・コード』のレビュー。
タイトルとURLをコピーしました