【感想・評価】『エネミー・ライン』レビュー

洋画レビュー
この記事は約3分で読めます。

オーウェン・ウィルソン主演のミリタリー系アクション映画。

スポンサーリンク

紹介

エネミー・ラインのストーリー

米軍のパイロットであるバーネット軍曹は、戦闘機でボスニアを偵察中に敵対勢力に撃墜される。敵の追手が迫る中、バーネットは回収地点まで辿り着かなければならなかった。

エネミー・ラインの出演者

役者 役名
オーウェン・ウィルソン バーネット大尉
ジーン・ハックマン レイガート司令官
ガブリエル・マクト スタックハウス大尉
チャールズ・マリック・ホイットフィールド ロッドウェイ軍曹
ジョアキム・デ・アルメイダ ピケ提督 など
スポンサーリンク

評価

ザ・娯楽映画

“娯楽映画”として非常に満足度の高い作品でした。

この映画は、敵地に墜落したパイロットが敵の追跡をかわしながら、回収地点まで逃走するという内容になっており、いわば“命がけの鬼ごっこ”です。

そして、命がけの鬼ごっこを─

  • 次々と訪れるスペクタクル
  • 友情・努力・勝利
  • 若干の政治ゲーム

で描いており、娯楽映画として求められる要素が過不足なく詰まっています。

良いヤツがいて、悪いヤツもいて、緊迫した中で迫力満点のシーンが次々と登場するので、非常に密度の高い作品でした。

印象的な敵キャラクター・サシャ

ロシアの俳優、ウラジミール・マシコフが演じるサシャが強烈。

彼は、後にテレビゲームの『グランド・セフト・オート4』や『コール オブ デューティ4』にも引用されるほどのキャラクターなのですが、冷静沈着で、かつ執拗に主人公を追跡する姿が印象に残ります。

主演のオーウェン・ウィルソンを喰うほどの存在感を放っており、この映画に華を添えます。

敵側に魅力的なキャラクターが不在だったので、サシャの存在は非常に大きいです。

こまけぇこたぁいいんだよ!!

  • なぜ、人気のない工業地帯にあんなトラップが仕掛けられていたのか?
  • あんな短時間で敵兵に変装できるだろうか?
  • 最後、指揮系統はどうなっているのか?
  • そもそも、あんな写真撮っていたのか? など

意外とツッコミ所は多いのですが、そこは”こまけぇこたぁいいんだよ”の精神。

観ている間は、緊迫したシーンと迫力あるシーンのおかげで考えるヒマがないのですが、終わってみれば「展開ありきで、理由はあと付けだったな」と感じます。

スポンサーリンク

まとめ

二度目ですが、娯楽映画として非常に楽しめました。

確かに、細かな部分ではツッコミ所の多い作品ではありますが、観ている間はそれを感じさせないテンポの良さと、濃密な演出で楽しませてくれます。

休日の夜に、気軽に楽しめるアクション映画を探している人はこれで決まりです。

タイトルとURLをコピーしました