【感想・評価】『カリートの道 暗黒街の抗争(ネタバレ)』レビュー

クライム映画のレビュー
この記事は約3分で読めます。

『カリートの道 暗黒街の抗争』のレビュー。

アル・パチーノ主演『カリートの道』の前日譚を描く。

【感想・評価】『カリートの道(ネタバレ)』レビュー
アル・パチーノ主演のクライム映画『カリートの道』のレビュー。
スポンサーリンク

紹介

カリートの道 暗黒街の抗争のストーリー

後に伝説的な麻薬王となるカリート・ブリガンテが、いかにして成り上がっていったのかを描く。

カリートの道 暗黒街の抗争の出演陣

役者 役名
ジェイ・ヘルナンデス カリート
マリオ・ヴァン・ピーブルズ アール
ルイス・ガスマン ナチョ
ショーン・コムズ ニッキー
マイケル・ケリー ロッコ など
スポンサーリンク

感想

別にカリートいらなくね?

カリート抜きでも話は成立する。

恋人を口説いたことを除き、カリート自身が主体的に何かをした描写がほぼなく、常に”騒動の隅っこの方にいる雑魚”という描かれ方をしています。

カリートの名を知らしめたヤクのビジネスについても、彼のビジネスパートナーが率先して行っており、やはりここでも彼の存在感は薄い。

カリートは2人のビジネスパートナーと一緒にビジネスを始めるのですが、傍から見ているとビジネスパートナーらの方がはるかに有能そうに見える。

結局、カリート自身の有能さが全く描かれないので、彼の言動には説得力がなく、前作『カリートの道』の主人公と同一人物とは到底思えません。

前作ではカリートの若い頃は”伝説”として語られていましたが、今作を見る限り彼らは人違いをしていたようです。

また、今作はお話の展開が唐突すぎる。

開始30分くらいでカリートたちは一定の成功を収めるのですが、その描写もほとんどないので、どんな苦労があり、どのようにして成り上がったのかが不明。

今まで下っ端の売人をやっていたのに、次の瞬間には相棒・アールはすでに家を買っていて、妻が妊娠していて、引退の話をしている始末。

あと、時間経過も妙に不自然。

「あの数分後の出来事なの!?」「え、もう数日経過したことになっている!?」というように、映画内の時間配分がヘタで混乱させられます。

これ以上はキリがないので詳細は控えますが、レジーの豹変も唐突だし、カリートと恋人家族の騒動も不要だしとヒドイことになっています。

全体的にチープ

厳しい予算の中で撮影したことが伺える。

室内は明らかにセットだし、カメラ位置は他のシーンのものを使いまわしています。

また、やけに屋内での撮影が多く、当時の空気感やストリートの様子が全く伝わって来ません。

【感想・評価】『カリートの道(ネタバレ)』レビュー
アル・パチーノ主演のクライム映画『カリートの道』のレビュー。

アル・パチーノに似ても似つかない

せめて、”似せる”努力はして欲しかった。

『ゴッドファーザー パート2』におけるロバート・デ・ニーロのように、演じているのは別人だけれど”まるで本人”と思わせるような努力は必要かと。

最低でも、あの独特な立ち振舞くらいは似せて欲しかったですね。

スポンサーリンク

まとめ

名前だけを借りたパロディ映画…未満。

一つの映画として観ても雑な仕上がりになっており、そんな作品を『カリートの道』の前日譚として公開しようとしたことに驚きます。

前作と変わらないのは”Carlito”の発音だけ。

関連記事>>>【感想・評価】『カリートの道(ネタバレ)』レビュー

【感想・評価】『カリートの道(ネタバレ)』レビュー
アル・パチーノ主演のクライム映画『カリートの道』のレビュー。
タイトルとURLをコピーしました