【感想・評価】『カジノ(ネタバレ)』レビュー

クライム映画のレビュー
この記事は約5分で読めます。

ロバート・デ・ニーロ主演のクライム映画『カジノ』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

カジノのストーリー

ラスベガスの有名カジノ【タンジール】の支配人・エース。

順風満帆に見えた彼の人生だったが、あることをきっかけに脆くも崩れ去っていくことに。

カジノの出演陣

役者 役名
ロバート・デ・ニーロ エース
シャロン・ストーン ジンジャー
ジョー・ペシ ニッキー
ジェームズ・ウッズ レスター
ドン・リックルズ ビリー
スポンサーリンク

感想

ラスベガスの魔法が招く破滅劇

グッドフェローズ(90)』から5年。

再び、マーティン・スコセッシのもとにロバート・デ・ニーロやジョー・ペシが結集して製作された本作では、その名の通り、ラスベガスの”カジノ”を舞台にした骨太ストーリーが描かれます。

シカゴで有能なノミ屋として名を挙げた主人公・エースは、ラスベガスのカジノ【タンジール】の支配人となり、”ロススティーンさん”として大成功を収める。

この映画の開始1時間は、そんなエースと相棒・ニッキーの語りを通して”カジノ”の裏側やラスベガスの掟を克明に映し出し、カジノ周辺の出来事を説得力をもって観客に伝えます。

続いて映画中盤では、【タンジール】を大成功に導いたエースと、ニッキーを始めとしたカジノ運営に一枚噛むギャングたちを中心に、“ラスベガスの魔法”に大勢の人間が魅了された様子が描かれます。

【感想・評価】『グッドフェローズ(ネタバレ)』レビュー
ロバート・デ・ニーロ主演『グッドフェローズ』のレビュー。 監督はマーティン・スコセッシ。 紹介 グッドフェローズのストーリー 裏社会に足を踏み入れたヘンリー・ヒルは、ジミーやトミーたちと組み成功を収めるが、あることをきっかけ...

しかし、ここで終わらないのがマーティン・スコセッシ映画。

エースが恋人・ジンジャーと結婚し、ニッキーがラスベガスに移住して来たことを機に、グッドフェローズ』さながらの破滅劇が始まる。

全てをコントロールしたいエースと、自由奔放に生きたいジンジャーが上手く行くはずがなく、案の定、二人の結婚生活は早い段階から雲行きが怪しくなります。

また、ニッキーのカッとなる性格は”秩序の維持”を重視するラスベガスの土地柄とは正反対であり、ニッキーの数々の言動がエースの立場を危うくする。

エースの事業や人生に破滅型の2人が入り込んで来たことで、これまで積み重ねて来た信用やブランドは毀損され、カジノ運営にも支障を来すように。

【感想・評価】『グッドフェローズ(ネタバレ)』レビュー
ロバート・デ・ニーロ主演『グッドフェローズ』のレビュー。 監督はマーティン・スコセッシ。 紹介 グッドフェローズのストーリー 裏社会に足を踏み入れたヘンリー・ヒルは、ジミーやトミーたちと組み成功を収めるが、あることをきっかけ...

そして、金の切れ目が縁の切れ目。

諸々の混乱で【タンジール】からの上納金が減り始めると、”出資者”のマフィアのボスたちはエースやニッキーたちを不満分子として見るようになり、締め付けを厳しくする。

一方で、ニッキーの暴走によって【タンジール】は捜査当局に注目されるカジノになってしまい、豪華絢爛なカジノも、実態は”砂上の楼閣”だったことが分かって来ます。

その後は、マフィアによる粛清と捜査当局による摘発によって…。

この映画でも、マーティン・スコセッシは一人の男の成功と転落を描き、『グッドフェローズ』よりもストイックにその様子を描写します。

加えて、ニッキーのような男であっても狂わしてしまう”ラスベガスという土地”と、人々を魅了してやまないラスベガスの魔法の真実も映し出します。

【感想・評価】『グッドフェローズ(ネタバレ)』レビュー
ロバート・デ・ニーロ主演『グッドフェローズ』のレビュー。 監督はマーティン・スコセッシ。 紹介 グッドフェローズのストーリー 裏社会に足を踏み入れたヘンリー・ヒルは、ジミーやトミーたちと組み成功を収めるが、あることをきっかけ...

ジンジャーが恐ろしい

ジンジャーとかいう恐ろしい女。

彼女の本質は”ハスラー”であり、相手から一枚でも多くのコインをせしめることで生き延びて来た女なので、常に”勝てる”側にいようとします。

そして、勝ちを作る能力にも長けている。

“リスクは絶対に避ける”エースを結婚という賭けに乗せたり、エースとの関係が切れると今後は彼の親友と寝ることで有効なカードを得ようとしたりします。

結局、勝ちへの執着がジンジャーの破滅を招くのですが、この執着心はギャングの凶暴性とは違う意味で恐ろしい存在でした。

スポンサーリンク

意外にも実話部分が多い

主人公・エースはフランク・ローゼンタール、相棒・ニッキーはトニー・スピロトロ、妻・ジンジャーはジェリー・マクギーをモデルにしています。

また、映画での出来事も実話に着想を得ているようです。

具体的には、フランク・ローゼンタールは本当に爆破事件を生き延びているし、カジノのライセンスも持っていませんでした。

ニッキーやジンジャーの最期も同様。

登場人物の比較

映画 現実

引用元 – Casino Movie True Story

スポンサーリンク

アイリッシュマンとの繋がり

【タンジール】のモデルとなったカジノ【スターダスト】は、全米トラック運転組合の委員長、ジミー・ホッファが牛耳る年金基金から出資を受けて経営されていました。

2019年に公開されたマーティン・スコセッシ監督の『アイリッシュマン』は、このジミー・ホッファを中心にしたギャング映画になっています。

なお、同作にはロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシやアル・パチーノが出演しています。

【感想・評価】Netflix独占映画『アイリッシュマン(ネタバレ)』レビュー
Netflix独占映画『アイリッシュマン』のレビュー。マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演、アル・パチーノとジョー・ペシも出演したマフィア映画の新たな金字塔。
スポンサーリンク

まとめ

カジノに人生を弄ばれた人たちの破滅劇を描いた強烈な一作。

ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシやシャロン・ストーンが織りなすストーリーは面白く、きらびやかなラスベガスもマーティン・スコセッシの手に掛かれば本当の姿が見えて来ます。

なお、現在は『アイリッシュマン』とセットで観るとより楽しめるはずです。

【感想・評価】Netflix独占映画『アイリッシュマン(ネタバレ)』レビュー
Netflix独占映画『アイリッシュマン』のレビュー。マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演、アル・パチーノとジョー・ペシも出演したマフィア映画の新たな金字塔。
タイトルとURLをコピーしました