【感想・評価】『チェーン・リアクション(ネタバレ)』レビュー

サスペンス映画のレビュー
この記事は約4分で読めます。

キアヌ・リーブス主演の『チェーン・リアクション』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

チェーン・リアクションのストーリー

シカゴ大学のプロジェクト・チームはついに石油に替わる新エネルギーを水から発生させる画期的装置の開発に成功。

だがその晩、何物かによって研究室が爆破される。

偶然その場に居合わせたエンジニア、エディは事件の有力容疑者と見なされ、執拗に追われるが、そのうちFBI以外の何物かが自分の命を狙っていることを知る。

引用元 – Youtube

チェーン・リアクションの出演陣

役者 役名
キアヌ・リーブス エディ
モーガン・フリーマン シャノン
レイチェル・ワイズ リリー
フレッド・ウォード FBI捜査官
ケヴィン・ダン FBI捜査官 など
スポンサーリンク

感想

【Bad】全体的にご都合主義的

主人公らグループは、代用エネルギーの開発に成功。

しかし、そのエネルギーは─

  • 安価
  • クリーン
  • 無限に生成可能

ということで、世界中のエネルギー産業を敵に回すものでした。

で、案の定、謎の組織に襲撃され、施設ごと爆破されます。

この爆破によって”シカゴの8区画分が消滅する”のですが、そんな危険性のある施設割りに警備があまりにも杜撰ずさ

その後の主人公・エディがバイクで爆発から逃れる場面も含めて、「それはちょっと無理があるのでは?」と感じさせます。

主人公・エディに降りかかる出来事も「?」でした。

たまたま逃げ込んだ先に無人の屋敷があったり、たまたま行き着いた先で仲間がトラックに押し込められる瞬間を目撃したり、たまたま座っていたら目の前にパトカーが止まり、スキを見てナンバー照会ができたり…。

また、手配犯にも関わらず、ほぼ変装せずに逃げおおせたり。

そして、エディの身体能力がやけに高い。

FBIが言うように「本当はスパイなのでは?」と感じるほど武術に長けており、危険な状況も臨機応変に対処して切り抜けるので、”一介の科学者”にはとても見えません。

特に最終盤では、ふらっと訪れた敵の秘密基地に”ほとんど変装することなく潜入し、見事にシステムをハッキングします。

銃の扱いもOK、格闘戦もOK、乗り物全般の運転もOK

「ジョン・ウィックさんですか?」という感じでした。

【感想・評価】『ジョン・ウィック(1)』レビュー
キアヌ・リーブス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』のレビュー。

【Bad】FBIが無能すぎる

なぜか、最初から中国人研究者・チェンを犯人として捜査が進みます。

チェンは冒頭の”8区画分を吹き飛ばした”爆破事件の震源地にいたので、「跡形もなく消滅した」と考えるのが普通ですが、FBIは「チェンは逃走した!中国のスパイだ!」と決めつけます。

当然、”チェンが逃げた”根拠は示されません。

サスペンスの土台がグラグラしています。

↑画像のヘリは主人公を執拗に追跡します。

警察の捜査網の中を不審なヘリが旋回していれば不審に思うものですが、FBI側は”それは見なかった”ことにしてエディを追跡します。

そして、終盤。

急にFBI捜査官が「エディは爆破を起こすような男には見えない」と言い出しますが、それまでと意見が180度転換した根拠がほとんど示されません。

にも関わらず、捜査官の間で反対意見が出ることはなく、「エディはハメられた」という話に収束してゆきます。

自らの無能さを棚に上げてエディを追い詰めるFBIに次第にイライラしてきます。

【Good】程よく楽しめる

  • 陰謀
  • 政治ゲーム
  • チェイス
  • 逃走劇

それぞれがバランスよく盛り込まれており、「細部は気にしない」と念じながら観れば娯楽映画として楽しめるかと思います。

ちなみに、キアヌ・リーブスの出番はたくさん用意されています。

スポンサーリンク

まとめ

私にとっては”キアヌ・リーブスを見るだけ”の映画でした。

“若くて、キレのあるキアヌが見られる映画”としてはアリですが、細部に綻びが見られるので肝心のサスペンス・モノとしては期待外れでした。

タイトルとURLをコピーしました