【感想・評価】キーファー・サザーランド主演『ワイルド・スタリオン』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

キーファー・サザーランド主演のコメディ映画。

スポンサーリンク

紹介

ワイルド・スタリオンのストーリー

失業し、妻にも逃げられた主人公は、義兄とタッグを組んで競走馬で一儲けすることを考えるのだった。

ワイルド・スタリオンの出演者

役者 役名
キーファー・サザーランド パリー
アンソニー・ラパーリア レイ
ラダ・ミッチェル シャーロット
ロテール・ブリュトー トニー
ダニエル・ベンザリ フランク など
スポンサーリンク

感想

ダメダメなキーファーが新鮮

失業×借金×持病×離婚危機で打ちのめされるキーファー・サザーランドの姿が新鮮でした。

この映画みたいにダメダメだと、ジャック・バウアーの姿が出て来ないので素直にキーファー・サザーランドの演技が楽しめます。

あと、個人的にはキーファーとアンソニー・ラパーリアの掛け合いも魅力的でした。

ピントがズレてる

「どんな映画だった?」と聞かれると答えに困る。

競走馬が絡むクライム映画なのか、それとも馬を通して再起する男の姿を描く映画なのか、最後までよく分かりませんでした。

要するに、中途半端に色々なジャンルが混ざったことでピントがズレた感がありました。

具体的には、クライム映画として見た場合はヒューマン・ドラマの割合が多く感じますし、逆にヒューマン・ドラマとして見た場合はクライム要素のせいで素直に感情移入させてくれません。

確かに、温かい音楽と馬に載るキーファー・サザーランドの姿は画になりますが、その充実した表情に至るまでの過程を見ていると、今ひとつ感情移入できません。

スポンサーリンク

まとめ

キーファー・サザーランドの新たな一面が見られる映画でした。

正直、映画自体はクライム・モノとしても、ヒューマン・ドラマとしても平凡な作品ですが、ダメダメ・キーファーを楽しむ分には観て損はないかと思います。

ちなみに、宣伝文句の「大番狂わせ」だったり、カッコよく決めたジャケットはこの映画とは一切関係ないので、騙されないようにして下さい。

関連記事>>>キーファー・サザーランドが主演/出演している映画まとめ

タイトルとURLをコピーしました