【感想・評価】『ザ・アウトロー』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

ジェラルド・バトラー主演のクライム映画『ザ・アウトロー』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

ザ・アウトローのストーリー

現金輸送トラックが盗まれる。

型破りな捜査官ニックは、トラックを盗んだ強盗グループを追跡、彼らの本当の目的を捜査する。

ザ・アウトローの出演陣

役者 役名
ジェラルド・バトラー ニック
パブロ・シュレイバー レイ
オシェア・ジャクソン・Jr ダニー
50セント エンソン
メドウ・ウィリアムズ ホーリー など
スポンサーリンク

感想

穴だらけの脚本

冒頭のスマートな強盗シーンを観て「これは期待できる」と思ったものの、終わってみれば酷い映画でした。

とにかく、脚本が穴だらけでした。

例えば、主人公ら警察チームは強盗グループ内に内通者を作ることに成功するのですが、主人公は意味もなくその内通者を危険にさらすマネをします。

一応、主人公には”強盗グループと内通者を敵対関係にさせて情報を得る”という作戦があったようですが、常識的に考えて内通者が殺される可能性の方が高く、無理があります。

その上、主人公が”強盗グループと内通者を敵対関係にさせると情報が得られる”と考えた根拠も示されません。

そして、もっとも解せなかったのが終盤のシーン。

銀行内に潜伏していた犯人がキーカードを使って正面玄関から銀行を後にするのですが、それだと”入室せずに退出しただけの記録が残る”のですぐに足が付くはずです。

それ以外にも、大渋滞の中で警察側から銃撃戦を仕掛けたり、やたらと主犯格と接触したがる主人公など、多くの面で「?」な展開が目立ちます。

無駄に長い

やけに無駄なシーンが多いです。

主人公夫婦のイザコザや犯人側の家庭事情など、ストーリーを進展させない展開が多く、全体的に間延びした印象を受けます。

また、無駄なシーンが多い割りに各キャラクターの人物描写が甘く、今ひとつ感情移入できません。

警察側にも、強盗側にも5名ずつくらいメンバーがいるのですが、全くと言って良いほど印象に残りません。

あと、主人公と主犯格の関係性は、マイケル・マン監督の『ヒート』っぽいのですが、人物描写が甘いおかげで対照的な二人がお互いに惹かれ、認め合う熱いものがありませんでした。

正直、2時間20分も必要なかったと思います。

スポンサーリンク

まとめ

正直、期待外れでした。

マイケル・マン監督の『ヒート』、ベン・アフレック監督の『ザ・タウン』へのリスペクトは感じますが、細部が甘く、イマイチでした。

タイトルとURLをコピーしました