【感想・評価】『ガールフレンドデー』レビュー/ボブ・オデンカーク主演のNetflix独占映画

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

『ベター・コール・ソウル』のボブ・オデンカークが主演・製作・脚本した映画。

スポンサーリンク

紹介

ガールフレンドデーのストーリー

誕生日カードや母の日のカードに添えられた気の利いたフレーズ。

レイはかつて、ロマンティックな一言を得意とするグリーティングカード界のキングだったが、今ではすっかり運気が落ち、落ちぶれた生活を送っていた。

そこへ新たな祝日“ガールフレンズ・デー”が制定され、完璧なカードを募集するコンテストが開催されることに。

栄光の日々を取り戻そうと一念発起したレイだが、ひょんなことから殺人事件に巻き込まれてしまう…。

引用元 – Netflix

ガールフレンドデーの出演者

役者 役名
ボブ・オデンカーク レイ
アンバー・タンブリン ジル
ステイシー・キーチ ガンディ
アレックス・カルボウスキー ストイフェサン
ケビン・オグラディ ミラー刑事
スポンサーリンク

評価

グリーティングカードを巡る奇妙なお話

日本人的には、この映画は「グリーティングカード」をテーマにした「世にも奇妙な物語」です。

映画では「グリーティングカード」を中心に、“どこか奇妙な人たちが繰り広げるどこか奇妙はお話”が描かれるのですが、現実と虚構を巧みに織り交ぜた世界観はまさに「世にも奇妙な物語」的。

「なぜ、市長がここまでグリーティングカードに肩入れするのか?」

「なぜ、次々とカード作家が命を狙われるのか」

など、色々と不思議に思う点は多いのですが、あえて白黒はっきりさせない良さがあり、それがこの映画の独特な世界観を作り上げることに一役買っています。

また、時々感じる毒っぽさも良かったです。

決して、ブラックジョーク全開の映画ではありませんが、台詞や演出の中にトゲが紛れており、噛み締めた時の渋みもアクセントになっていました。

あと、映画自体が約70分の長さなので非常に見易かったですね。

ただ、ボブ・オデンカークだからこその映画

正直、ボブ・オデンカークだからこそ観れた部分は大きいです。

ボブ・オデンカークの表情と仕草、くたびれた感じや”よれたスーツ”が似合う感じがこの映画に大きな影響を与えており、”彼の魅力で持っている”という部分はあります。

逆に言えば、ボブ・オデンカークのファンであれば観て損はないです。

(日本語吹替はベター・コール・ソウルと同じ方です)

スポンサーリンク

まとめ

私にとっては奇妙で、面白い映画でした。

“ボブ・オデンカークが脚本も含めて製作に関与している”ということで、彼の魅力がにじみ出る映画になっており、彼のファンで、かつ「世にも奇妙な物語」も好きであれば楽しめるはずです。

タイトルとURLをコピーしました