【感想・評価】B級を超えた駄作/『必殺処刑チーム(ネタバレ)』レビュー

アクション映画のレビュー
この記事は約3分で読めます。

ドミニク・パーセル主演『必殺処刑チーム』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

必殺処刑チームのストーリー

俳優のブロディの子守をさせられることになった刑事・デヴィッド。

ある日、デヴィッドはブロディを訓練施設に連れていくのだが、謎の武装集団の襲撃を受ける。

デヴィッドは仲間とともに武装集団と死闘を繰り広げる。

必殺処刑チームの出演陣

役者 役名
ドミニク・パーセル デヴィッド
コディ・ハックマン ブロディ
スティーヴン・ラング コーヴァー
トリッシュ・ストラタス ジーナ
ダニー・グローヴァー サリー
スポンサーリンク

感想

果てしなく茶番

とにかくストーリーが支離滅裂。

例えば、”全ての始まり”である敵グループが基地に侵入する場面。

綿密に計算された計画ではなく、なぜか“基地内は空っぽ”だという前提に立った作戦になっており、案の定、主人公らがいたことで大騒動へと発展します。

ちなみに、基地はただの訓練施設ではなく待機所としても機能しているので、常識的に考えれば無人になるなんて思いません。

また、敵ボス・コーヴァーは悪い意味で頭のネジが外れています。

主人公らの予想外の反撃によって、コーヴァーは雇った兵隊の隊長から報酬の増額を要求されるのですが、その際に「二度と私と交渉しようなどと考えるな」と威嚇します。

いやいや、どう考えても隊長の方が数と力で勝ってる件。

こうした脅しは、相手の立場が自分よりも劣っている場合にのみ効力を発揮する。

極めつけはコーヴァーが主人公・デヴィッドに交渉を持ちかけるシーン。

驚いたことに、自ら交渉材料を手放します。

コーヴァーが探している無記名債券は、デヴィッドらが閉じ込められている基地内にあるので、彼らがそれを見つけて燃やせば、その時点でコーヴァーの企みは失敗です。

(他の仲間も、報酬が期待できなければコーヴァーのもとを離れていくはず)

なのに、コーヴァーはわざわざデヴィッドに”無記名債券を探している”ことを明かし、それが基地内にあることも教えます。

案の定、デヴィッドは無記名債券を使ってコーヴァーを脅す…。

果てしなく茶番。

これらは映画を50分ほど残した時点での出来事になっており、「これをあと50分も観ないといけないのか」というストレスが半端ではない。

あと、最後にコーヴァーは基地内に毒ガスを流し込み、デヴィッドらを炙り出そうとするのですが、「え、これ…最初からやっておけば」。

…と思いますが、もうこれ以上の指摘は可哀想なので言わないでおきます。

デヴィッドが無記名債券を燃やして理由が謎

デヴィッドが発見した無記名債券をすぐに燃やした理由が謎。

理屈で考えればデヴィッド側が交渉の主導権を握っているはずなのに、それを活かすことなくストーリーは進んでいく。

もう、意味が分からない。

ドミニク・パーセルがカッコいい

アメリカ人的なマッチョを具現化したような主人公・デヴィッドは、まさにドミニク・パーセルのために作られたキャラクターのよう。

筋骨隆々ながらもアクションは俊敏で気持ちよく、寡黙な中にあるユーモアセンスも良いアクセントになっていました。

ドミニク・パーセルはこの映画の唯一の良心。

スポンサーリンク

まとめ

ひどく退屈な映画でした。

『プリズン・ブレイク』ファンとして”ドミニク・パーセル主演”だから観れましたが、他の俳優であればすぐに観るのを止めていました。

タイトルとURLをコピーしました