【感想・評価】『モンスター上司2』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

ジェイソン・ベイトマン主演のコメディ映画。

スポンサーリンク

紹介

モンスター上司2のストーリー

脱サラした3人は自分たちのアイデアをもとに起業。

さっそく出資者も見つかり、順風満帆に思えたがまたしても彼らの前に”モンスター上司”が現れる。

モンスター上司の出演者

役者 役名
ジェイソン・ベイトマン ニック
チャーリー・デイ デール
ジェイソン・サダイキス カート
ケヴィン・スペイシー デイブ
ジェニファー・アニストン ジュリア
クリス・パイン など レックス
スポンサーリンク

感想

イヤな上司は消しちゃう(2回目)

前作『モンスター上司』の良さを残しつつ、お話のスケールを少し大きくした続編。

今作のニック、デール、カートは脱サラして共同経営者という立場になっていますが、自分よりも立場が上の人間に苦汁を舐めさせられ、それをきっかけに復讐劇が始まる点は前作と同じです。

ジョークの種類やパターンも前作と同じなので、そういう意味では安心して観られる続編です。

ただ、今作には前作のケヴィン・スペイシー、コリン・ファレル、ジェニファー・アニストンが演じた強烈な上司たちがおらず、かつ「この俳優がこんな役で出て来るのか」というサプライズもありませんでした。

お前たちは犯罪者だ

“重犯罪”が絡む以上、2作目にもなると主人公たちの反社会的な内面に目が行きます。

前作は「褒められたものではないが、主人公たちの気持ちも理解できる」と自分の中で処理できましたが、さすがに2回目ともなると”罪悪感なく、明るく犯罪を重ねていく主人公たち”が時に恐ろしく見えます。

一応、製作者側もこの問題に気づいているようで、ジェイミー・フォックス演じるジョーンズに「もう、お前たちは立派な犯罪者だぞ」と言わせますが、主人公たちはそれもジョークにします。

もう、こうなると自分たちのことを犯罪者だと認識している者たちが、罪悪感なく気に入らないボスをあの手この手で封じ込めていく映画になるので、どことなくサイコパス風味が加わって来ます。

これを上手く解消しないと続編が難しくなるのでは?と感じます。

スポンサーリンク

まとめ

良くも悪くも無難な続編でした。

前作『モンスター上司』の良さは十分に引き出されており、前作ファンが求めるものはちゃんと提供してくれる続編ですが、強烈なボスやサプライズ的な配役がなくそこは残念でした。

▼関連記事▼

タイトルとURLをコピーしました