【感想・評価】『モンスター上司』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

ジェイソン・ベイトマン主演のコメディ映画。

スポンサーリンク

紹介

モンスター上司のストーリー

身勝手な上司に悩まされるニック、デール、カートの3人。

我慢の限界に達した3人はそれぞれの上司を”消す”計画を立てる。

モンスター上司の出演者

役者 役名
ジェイソン・ベイトマン ニック
チャーリー・デイ デール
ジェイソン・サダイキス カート
ケヴィン・スペイシー デイブ
ジェニファー・アニストン ジュリア
コリン・ファレル など ボビー
スポンサーリンク

感想

イヤな上司は消しちゃう?

この映画は、それぞれの上司に不満を持つサラリーマン3人が上司の殺害を画策する様を面白おかしく描いた作品。

なので、一歩間違えると”主人公らは単なる犯罪者”にしか見えないのですが、この映画の場合は動機づけと軽いノリによって「殺害計画」というおどろおどろしいネタを上手くコメディとして描いています。

具体的には、ボスたちの振る舞いは観ている側に「褒められたものではないが、主人公たちの気持ちも理解できる」と思わせてくれますし、お笑いポイントを小刻みに用意しているので”血の匂い”もしません。

この映画は”殺人”が絡むネタを巧みに笑えるネタに変換していますし、結末に関しても主人公らの印象が悪くならないように配慮したスマートな展開が用意されています。

「殺害計画」がお話の中心ではありますが、ちゃんと笑える映画のままエンディングを迎えます。

適材適所の配役

ボスを演じるケヴィン・スペイシーのキレ役、コリン・ファレルのイカれ役、そしてジェニファー・アニストンの性獣役が見事にハマっており、まさに「モンスター上司」です。

もちろん、ジェイソン・ベイトマン、チャーリー・デイ、ジェイソン・サダイキスの3人が演じる悩める部下たちも、それぞれに特徴があってこれも良かったです。

あとは「え、この俳優がこんな役で」と驚くようなサプライズもありました。

個人的にはコリン・ファレルの捨て身(?)の演技が気に入りました。

スポンサーリンク

まとめ

悩める部下たちの復讐劇をコミカルに描いた良作。

「殺人計画」という重いテーマを笑えるネタとして描く脚本と、適材適所の配役が見事に調和した一作になっており、良い余韻が残るコメディ映画でした。

続編>>>モンスター上司2 評価・感想

▼関連記事▼

タイトルとURLをコピーしました