【感想・評価】Netflix独占配信『月影の下で』レビュー

洋画レビュー
この記事は約3分で読めます。

ボイド・ホルブルック主演のSF系サスペンス映画。

※Netflix独占映画です

スポンサーリンク

紹介

月影の下でのストーリー

 1988年、刑事を目指すフィラデルフィアの警察官トーマス・ロックハート (ボイド・ホルブルック) は、ある殺人事件に遭遇する。

奇妙なことに、犯人はその後も9年ごとに犯行を繰り返していく。

執念深く犯人を追うロックハートだったが、科学では説明がつかない事件の真相に近づくにつれ、自分のキャリア、家族、そして正気さえもが脅かされていく。

引用元 – Netflix

月影の下での出演者

役者 役名
ボイド・ホルブルック トーマス
クレオパトラ・コールマン リア
ボキーム・ウッドバイン マドックス
ルディ・ダーマリンガム ナヴィーン
マイケル・C・ホール ホルト など
スポンサーリンク

感想

9年ごとに発生する連続殺人事件

映画は、2024年のフィラデルフィアから始まります。

ただ、どうも様子がおかしい。

本来であれば活気に満ちた日中のオフィスに人っ子一人おらず、窓ガラスも全て割れています。

そして、カメラが外を映すと倒壊した向かいのビルが目に飛び込んで来ます。

「爆撃?」「爆破テロ?」などと考えている間に、時代は1988年まで遡ります。

1988年。

この年に最初の殺人事件が発生し、以降は”9年間隔”で同様の事件が発生します。

一連の事件では、首元に謎の注射をされた被害者たち全員が”体中から出血して死亡”していました。

  • 9年間隔で発生する連続殺人事件
  • 謎の薬物による殺人

主人公トーマスは、↑の猟奇的な事件の捜査に文字通り人生を捧げます。

そして、次第に事件には「タイムスリップ」などのSF要素が絡んでいることが分かって来ます。

観客は、彼の約半世紀にも及ぶ”決死の捜査”を見守り、同時に「(映画冒頭の)フィラデルフィアとどう繋がるのか?」と期待しながら観ることになります。

  • 9年間隔で発生する猟奇的な連続殺人鬼
  • SF要素

9年間隔で発生する連続殺人事件はテーマとして興味深く、タイムスリップをベースにしたSF要素も、ストーリーとキャラクターに深みをもたらします。

ちゃんと意味のあるSF要素

この映画は、種明かしされた後にそれまでの出来事や台詞を振り返ってみると”意味が違って見えるタイプの作品です。

例えば、主人公が犯人と対峙した際の─

犯人「こんばんは、トーマス。ここがその場所ね」

という一言や、犯人の”主人公の将来を知っているような口ぶり”は、全て分かった上で見直すと以前とは違った見え方をします。

また、”犯人の正体”は観客のミスリードを誘う見事な設定でした。

「SF」という設定が奇をてらった要素ではなく、この映画のストーリーを描く上で欠かせない要素として存在している点も、個人的には好印象でした。

スポンサーリンク

まとめ

猟奇的な殺人事件×SFの組み合わせがユニークな作品でした。

堅実な推理モノをベースにしたサスペンスと、意味のあるSF要素が融合した一作になっており、エンドロール時の余韻も含めて楽しめました。

ちなみに、作風としては『ゾディアック』に、『LOOPER/ルーパー』や『プリデスティネーション』が加わってものになっています。

タイトルとURLをコピーしました