【感想・評価】『インスタント・ファミリー 〜本当の家族見つけました〜』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

マーク・ウォルバーグ主演のコメディ映画。

スポンサーリンク

紹介

インスタント・ファミリーのストーリー

ピートとエリーは、養子を受け入れることを決意する。

子育て経験のない二人は即席で子育ての秘訣を学ばなくてはならない。

引用元 – Youtubeより。

インスタント・ファミリーの出演者

役者 役名
マーク・ウォルバーグ ピート
ローズ・バーン エリー
イザベラ・モナー リジー
グスタヴォ・キロース フアン
ユリアンナ・ガミズ など リタ
スポンサーリンク

感想

里子を取り巻く環境をコミカルに

この映画の監督が、過去に『なんちゃって家族』や『パパVS新しいパパ』などを手掛けた人というだけあって、今回も複雑な背景を持つ一家を通して家族の在り方をコミカルに描く作品になっています。

(ちなみに『なんちゃって家族』では疑似的な家族が、『パパVS新しいパパ』では妻の連れ子たちに悪戦苦闘する継父の姿が描かれています)

全体的にポジティブな作風になっており、養子たちのドタバタ劇を面白おかしく描く中身ではありますが、一方で里子を取り巻く環境や里子を引き取る家族の現実などもキチンと描いています。

例えば、年長者のリジーは年下兄弟の母親的な役割も担って来たので、主人公夫婦がその役割を代行することに戸惑いを見せたり、年下兄弟とは違って実母を知っているだけに新しい両親に反抗したりします。

ただ、映画自体は里子を取り巻く状況をシビアに描きすぎることはなく、一方でポジティブ全開のお話でもなく、良い意味でどっちにも振り切りすぎないバランスの良い作品です。

「白人の救世主」をキチンと消化

「白人の救世主」問題を認めた上でストーリーを進めていきます。

主人公夫婦は白人で、彼らが引き取る子供たちは恵まれない環境にいる非白人なので、”白人が非白人を救済する”「白人の救世主」との指摘は避けられないはずです。

その指摘に先回りし、この映画では『アバター』や『しあわせの隠れ場所』を例に”この映画はそうした指摘が免れない”ことを認めた上で、白人夫婦と恵まれない非白人の子どもたちとのストーリーを進めていきます。

少なくとも、私はこれに言及したことでその後のストーリーに素直に入り込むことができました。

スポンサーリンク

まとめ

非常に前向きな家族の映画でした。

この映画だけで里子を取り巻く環境の全てが分かるとは言いませんが、それを知るきっかけにはなる中身になっており、この映画は家族の在り方や絆を描いた良作です。

▼関連記事▼

タイトルとURLをコピーしました