【感想・評価】『ある殺し屋 KILLER FRANK』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

ウィリアム・フォーサイス主演のクライム系ヒューマン・ドラマ。

スポンサーリンク

紹介

ある殺し屋 KILLER FRANKのストーリー

組織のボス・トニーからあらゆる違法行為を命じられたら躊躇なく遂行する男、フランク。一人の人間として接してくれたジャッキーに、心を開いていくフランクだったが…。

ある殺し屋 KILLER FRANKの出演者

役者 役名
ウィリアム・フォーサイス フランク
ビアンカ・ハンター ジャッキー
トム・サイズモア など 施設長
スポンサーリンク

感想

「ある殺し屋」というタイトルですが、映画自体は”殺し屋にならざるを得なかった男”を描くクライム要素の入ったヒューマン・ドラマです。

主人公フランクは、幼少期の虐待が原因で心を病み、自分を殺して一日一日を生きて来たわけですが、そんな彼が同じく過去のトラウマに苦しむ女性と出会い、「文章サークル」を通して心を通わせていきます。

もちろん、クライム(もしくはギャング)モノなので暴力的なシーンはありますが、真っ暗だった主人公の人生に光が差し、真っ当に人生を歩もうとする姿はじんわりと温かみを感じます。

ただし、後半の展開はイマイチでした。

ずっと裏社会で生きて来たフランクが、「文章サークル」内でギャングの秘密を安易にバラすのは不自然ですし、終盤でフランクが九死に一生を得た場面も、あまりにも偶然が重なっています。

後半は、結末ありきでロジックは二の次という感じになっており、全体的にご都合主義的な展開が見え隠れする点が残念でした。

スポンサーリンク

まとめ

粗粗しくも、味わい深い映画でした。

ご都合主義的な展開が目に付くのは事実ですが、ハードボイルドな作風と孤高の主人公の姿が味わい深く、端役も含めて出演陣も個性的なので、最後まで観られました。

万人受けするとは言いませんが、刺さる人には刺さる一作です。

タイトルとURLをコピーしました