【感想・評価】『リンカーン』レビュー/ダニエル・デイ=ルイスが大統領を演じた歴史モノ

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

ダニエル・デイ=ルイス主演の歴史モノ。

この映画では【南北戦争】末期を舞台に、【奴隷解放】に尽力したリンカーンとその側近たちの奮闘が描かれる。

スポンサーリンク

紹介

リンカーンのストーリー

南北戦争の末期。
アメリカ合衆国第16代大統領のエイブラハム・リンカーンは、”南北戦争の終結”と”奴隷の解放”という極めて難しい政治課題に直面する。

リンカーンの出演者

役者 役名
ダニエル・デイ=ルイス エイブラハム・リンカーン
サリー・フィールド メアリー(リンカーンの妻)
デヴィッド・ストラザーン ウィリアム・スワード
ジョセフ・ゴードン=レヴィット リバート(リンカーンの息子)
ジェームズ・スペイダー など ウィリアム・ビルボ
スポンサーリンク

感想

まず、この映画は”リンカーンの暗殺”を描くのではなく、”南北戦争末期の激烈な時代を生きた政治家リンカーン”を描く作品になっており、どちらと言えば─

  • 憲法修正案の採決
  • 南北戦争の終結

に奔走するリンカーンとその側近たちが繰り広げる政治ゲームに主眼が置かれています。

なので、この映画のピークは”リンカーンの暗殺”ではなく、憲法修正案の採決の瞬間だったりするので、暗殺事件について知りたい場合はドキュメンタリー・ドラマ『リンカーンを殺した男』を観ることをお勧めします。

  • 映画自体は南北戦争末期の政治劇が中心

ということもあり、この映画は【南北戦争】と【奴隷制度】について知るきっかけとしては良い教材なのではと思いました。

この映画を観たことで【奴隷制度】には宗教、労働に対する考え方の違いや経済環境が深く関係していたことが分かりましたし、【南北戦争】と憲法修正案との密接な関わりも知ることができました。

もちろん、リンカーン自身の人となりを知ることも出来ました。

確かに、”リンカーンの暗殺”目当てで観た場合は物足りないとは思いますが、【南北戦争】や【奴隷解放】については日本の教科書より多くを知ることができるので、それらに興味があれば観て損はないはずです。

また、政治モノとしても人間の思惑が衝突する政治ゲームは見応えがありました。

スポンサーリンク

まとめ

非常に見応えのある歴史/政治モノでした。

2時間半とやや長い映画ですが、その分だけリンカーンの人物像をしっかり掘り下げ、同時に歴史的背景もきちんと紹介してくれるので、複雑なテーマながらも消化不良感なく観られました。

リンカーンを暗殺した犯人に焦点を当てた『リンカーンを殺した男』とセットで観るとより理解が深まると思います。

タイトルとURLをコピーしました