【感想・評価】キーファー・サザーランド主演『ミラーズ』レビュー

洋画レビュー
この記事は約3分で読めます。

キーファー・サザーランド主演のホラー映画。

スポンサーリンク

紹介

ミラーズのストーリー

ニューヨーク6番街にある大火災で廃屋と化したデパートの夜警を依頼された元刑事のベンは、警備中にその建物の中にある不気味な鏡に触れてしまう。

その瞬間から逃れようのない恐るべき運命に囚われてしまうのだった……。

引用元 – Youtubeより

ミラーズの出演者

役者 役名
キーファー・サザーランド ベン
ポーラ・パットン エイミー
エイミー・スマート アンジェラ
キャメロン・ボイス カーソン
デイジーエリア・グラック デイジー など
スポンサーリンク

感想

鏡の中の悪夢

私たちの身近にある「鏡」をテーマにしているので、”完全にファンタジーの世界とは思えない良い感じのリアリティ”が良かったです。

この映画を観た後に、ふと鏡を観ると「何か起きるのでは?」という期待感(?)、もしくは恐怖心が体中を駆け抜けていきます。

そういう意味では面白いホラー映画でした。

よく分からない

お話の導入は非常にミステリアスで、「これはお話で魅せてくれるタイプの映画だ」という期待感がありましたが、それは序盤だけでした。

そもそも論として、主人公が”ことの発端となる”夜警のバイトに固執した理由が分かりません。

初日にあんな怪奇現象を目の当たりにすればすぐに退職しそうなものですが、主人公は次の日も勤務し、深入りします。

(後に主人公も後悔していましたが)

また、肝心のホラーもチグハグした印象を受けました。

謎が謎を呼ぶスリラーかと思えば、途中からスプラッターになり、最後は「バイオハザード」的なアクションも登場するので、とっ散らかった感が否めません。

また、エンディングへと繋がる展開も、”自分さえ良ければ他人はどうでもいい”的な発想が見え隠れし、この映画の主人公像が崩れます。

あと、結末は「予想できない」というよりも、「(これまでの展開的に)予想しようがない」というものでした。

全体的に、ミンチ肉を使って小洒落た料理を作るつもりだったけど、上手く行かなくて結局ハンバーグにしちゃった的な感じです。

やっぱ、ジャック・バウアーじゃねえか!

もう、これはキーファー・サザーランドの宿命とも言えますが、やはりジャック・バウアーにしか見えません。

なので、どれだけ危機的な状況を迎えても、全くそのように見えません。

この男なら、なんとか出来るはず。

スポンサーリンク

まとめ

正直、ホラー映画としてはギリ及第点でした。

私は”キーファー・サザーランド目当て”で観たのですが、彼の出演時間は十二分に確保されており、そういう意味では満足度は高かったです。

良くも悪くも、キーファー・サザーランドのための映画でした。

関連記事>>>キーファー・サザーランドが主演/出演している映画まとめ

タイトルとURLをコピーしました