【感想・評価】『エンド・オブ・ホワイトハウス』レビュー

洋画レビュー
この記事は約3分で読めます。

ジェラルド・バトラー主演のアクション映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

エンド・オブ・ホワイトハウスのストーリー

朝鮮半島の統一を目論む北朝鮮の一派がホワイトハウスを襲撃。

内部の手引もあり、”難攻不落の要塞”と言われたホワイトハウスを一瞬で陥落し、大統領を含む政府の要人が人質に取られる。

主人公マイクは国と大統領を救うべく、ホワイトハウス内で孤軍奮闘する。

エンド・オブ・ホワイトハウスの出演陣

役者 役名
ジェラルド・バトラー マイク
アーロン・エッカート 大統領
フィンリー・ヤコブセン コナー
ディラン・マクダーモット ホーブス
リック・ユーン カン など
スポンサーリンク

感想

ザ・アクション映画

この映画は『ダイ・ハード(1)』的な閉鎖空間での死闘と、『96時間』的なスピード感あるアクションが一つになったようなアクション映画でした。

“ホワイトハウス陥落”と聞くと荒唐無稽に感じますが、敵機の出現からホワイトハウス陥落まで非常に手際がよく、余計なことを考えるヒマなくどんどん進んで行きます。

肝心のアクションでは、「ホワイトハウス」という閉鎖空間と張り巡らされた狭い通路を最大限活用しており、周囲の環境を味方にした敵兵を片付けていく様子は実に爽快でした。

さらに、冒頭の”主人公はホワイトハウスの内部構造に精通している”という話が、きちんと伏線になっていた点も良かったです。

あと、この映画は王道的な作品でもありました。

【事件発生】=>【主人公が孤軍奮闘】=>【事件解決】=>【一同歓喜】というパターンにハマった作品になっており、”観客が期待するもの”をハイクオリティで出してくれるので安心して見られる映画でした。

主人公の人物描写

主人公マイクの”守るべき者は絶対に守り、殺すべき者は徹底的に殺していく”人間性はメリハリがあり、見え隠れする狂気性が個性的でした。

(ネタバレ注意)お話の継ぎ目が不自然

正直、お話の詰めが甘い感は否めません。

途中、元ホワイトハウス職員のホーブスが裏切り者と判明するのですが、なぜかアメリカ側の上層部は現場で奮闘する主人公にそれを告げません。

そして、主人公がホーブスと対面した場面。

ホーブスはうっかり北朝鮮側のボスの名前を口にしてしまい、それに気づいた主人公がホーブスの裏切りを察知するのですが、これがいわゆる「秘密の暴露」になっていません。

(秘密の暴露=犯人しか知らない情報を話してしまうこと)

というのも、ホーブスは主人公に「ホワイトハウスの中を逃げ回っていた」とウソを吐いており、逃げる中で”敵兵が口にしたボスの名をホーブスが聞いた”可能性を排除できないからです。

また、ホーブスが死に際に一瞬で改心する理由も不明ですし、北朝鮮側がホーブスの「マイクは殺した」という報告を鵜呑みにして死体を確認しない点も不自然です。

あと、終盤のヘリの墜落も「?」でした。

アメリカ側は「大統領が巻き添えに!」「北朝鮮側のボスも死んだ!」とパニックになるのですが、まだ確認も取れていない状況で”死んだと断定した”上で事を進めるのは不自然です。

基本的に、様々な可能性があるのに一つの可能性しか目に入っていない感じがあり、この辺りは少し気になりました。

スポンサーリンク

まとめ

王道的なアクション映画でした。

観ている者の予想を裏切る展開は少ないものの、見応えあるアクションの数々とお約束を忠実にこなしていく”王道感”が魅力的な一作です。

続編への期待が膨らむ一作目でした。

タイトルとURLをコピーしました