【感想・評価】『パルプ・フィクション』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

クエンティン・タランティーノ監督作品。

アウトロー、もしくはアウトローに近い野郎たちの群像劇が描かれます。

スポンサーリンク

紹介

パルプ・フィクションのストーリー

パルプ・フィクションの出演者

役者 役名
ジョン・トラボルタ ヴィンセント
サミュエル・L・ジョンソン ジュールス
ユマ・サーマン ミア
ハーヴェイ・カイテル ウィンストン
ティム・ロス など パンプキン
スポンサーリンク

感想

くだらない話の集合体は面白い

『パルプ・フィクション(Pulp Fiction)』には「三文小説」や「取り立てていう必要のない話」という意味があるように、この映画ではやはり”くだらない”話が語られます。

冒頭のチンケな強盗事件や八百長試合などは、それぞれの人生の一コマを切り取った出来事に過ぎず、ローテンポかつ掴みどころのない話が長々と続きます。

けれども、そんな“くだらない”話の集合体はとても面白いです。

無関係に思えた出来事の数々が大きく見れば接点を持っており、それが思わぬ形で現れるという群像劇の醍醐味みたいなものが上手く表現されていました。

クエンティン・タランティーノ節が炸裂

▼この映画の特徴▼

  • Fワード
  • 過激な表現
  • 命が軽い
  • お約束とは無縁

濃密なクエンティン・タランティーノ体験。

お約束を無視した展開が多く、かつ重要人物でも命は軽いので「この人も次の瞬間には殺されているかも知れない」という緊張感が漂う映画になっています。

また、見え隠れする”人間の狂気”も映画に華を添えています。

執拗に”人を殺した時の感想を聞いて来る”タクシードライバーやイカれた店の店主など、私たちが住むリアルの世界でひっそりと生きているような人たちをサラリと登場させる世界観はユニークでした。

欠点、人を選ぶ映画

クエンティン・タランティーノ作品なので、間違っても家族団らんの時に観る映画ではありません。

基本的に口汚く、バイオレンスな映画です。

スポンサーリンク

まとめ

良くも悪くもクエンティン・タランティーノ映画でした。

イカした音楽、Fワード(放送禁止用語)のマシンガンやバイオレンスな作風など、多くの点において監督の色が反映された映画になっており、彼の感性と波長が合う人はとことん楽しめるはずです。

タイトルとURLをコピーしました