【感想・評価】『ブレイン・ゲーム』

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

アンソニー・ホプキンス主演のサイコ・ミステリー『ブレイン・ゲーム』のレビュー。

スポンサーリンク

紹介

ブレイン・ゲームのストーリー

並外れた予知能力者でありながらアナリストで医師であるジョン・クランシー博士(アンソニー・ホプキンス)が、FBIから連続殺人事件の捜査協力を求められ、難事件を捜査する。

引用元 – Youtube

ブレイン・ゲームの出演者

役者 役名
アンソニー・ホプキンス クランシー博士
ジェフリー・ディーン・モーガン ジョー
アビー・コーニッシュ キャサリン など
スポンサーリンク

感想

意外にも、オカルト色は弱い

意外にも、オカルト色の弱い作品でした。

私はてっきり、サイキック同士の激突が描かれる映画だと思い込んでいましたが、実際はマジメに難事件を捜査する締まった作品でした。

アンソニー・ホプキンス演じるクランシーは、人やモノに触れると透視できる能力を持っており、主人公らはそれを頼りに連続殺人事件を捜査していきます。

超能力が重要な要素として存在するものの、お話自体はきちんと展開を組み立てていくタイプになっており、オカルト・モノとは一線を画する作風でした。

…と書いたあとに知ったのですが、元々、この映画の脚本は『セブン』の続編として書かれたもののようです。

合点がいきました。

中盤以降がやや雑

個人的に解せなかったのは犯人が発覚する下り。

地道な捜査を通して犯人を探し当てるのではなく、急に向こうから存在を明かして来るので、観ている側の推理が完全に無駄になります。

ミステリー・モノとして出発した以上は、最後までミステリー・モノとして完走して欲しかったなと思います。

あと、犯人は映画内ではクランシーの一歩先を行くキャラクターとして描かれていますが、観ている側としてはそこまでの差を感じませんでした。

前半の丁寧な展開に比べると、後半は息切れ感がありました。

スポンサーリンク

まとめ

セブン×オカルトの映画として楽しめました。

後半は息切れしていましたが、それを考慮しても一定のクォリティは確保された作品になっており、観て後悔することはないのでは?と思います。

出演陣もやけに豪華ですし。

タイトルとURLをコピーしました