【ラストの意味は?】『チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密』を考察

その他
この記事は約3分で読めます。

この記事では、『チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密』を二度観た私が自分なりに捻り出した考察を書いています。

スポンサーリンク

『チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密』を考察

ジェーンがセイディーに親身になったわけ

ジェーンはあまり母親の愛を受けずに育ったのでは?と思いました。

映画の序盤、ジェーンは旅費を全て出すから「会いに来て欲しい」と母親に電話しますが、母親はそれを拒否する(今すぐ来て欲しいと言っているわけでもないのに)。

また、ジェーンの非常識な言動(セイディー宅にズケズケと上がり込む、セイディーのコップで犬に水を飲ませるなど)を見ていると、「両親の干渉なく育って来たのかな?」と感じさせます。

確かに、ジェーンがセイディーに世話を焼いたきっかけは罪悪感でした。

けれど、ジェーンがセイディーと接するうちにセイディーの中に母親を見たことで、罪悪感を抜きにした純粋な気持ちが芽生え、より親身になって行ったように私は感じました。

セイディーが主人公を拒絶(激怒)した理由

最後に判明しますが、セイディーは娘も亡くしています。

墓石の死亡年を見ると、セイディーは30年以上も一人で生活していたことが分かります。

そんな中で、せっかく出会ったジェーン。

セイディーが犬(スターレット)を逃してしまった時、彼女は「これが原因でジェーンも自分のもとを去ってしまうかも知れない」と思ったはず。

再び”大切な人を失う”ことの恐怖によって、セイディーはジェーンを自分から先に拒絶してしまった、と私は理解しました。

“泥まみれになってスターレットを探していた”ことが分かるセイディーの姿を見れば、彼女がジェーンとの関係を大切に思っていることが痛いほど伝わって来ます。

ラスト(最後)の意味

終盤、激怒したメリッサはセイディーにジェーンの秘密(お金を盗んだこと)を暴露。

加えて、メリッサは「ジェーンがあなたに優しくしたのは罪悪感からよ」とセイディーに伝え、セイディー自身も一度はそれを信じて、パリ旅行に行くことを止めようとします。

しかし、セイディーはこれまでのジェーンの言動を振り返り、「決して罪悪感だけで出来ることではない」と感じ、ジェーンと一緒にパリ旅行に行くことにしました。

(ジェーンが使ったお金も、大部分はセイディーのために使っている)

最後のシーン。

セイディーは”これまで一度もジェーンに任せなかった”墓参りを彼女に任せる。

もともと、セイディーは言葉で気持ちを伝えることが得意ではありません。

この場面でセイディーは、墓石を直接ジェーンに見せることで”彼女と年齢の近い娘を亡くしている”ことを明かし、ジェーンの中に亡き娘を見ていることを間接的に伝えます。

これは別の言い方をすれば、”中途半端な気持ちだったら付き合えない”というメッセージでもありました。

最後の数秒は、その重いメッセージを受け取ったジェーンの表情のみで構成されています。

終始、ニコニコしていたジェーンもこのシーンでは表情が一変し、セイディーからのメッセージをしっかりと受け取ったことが伺えます。

  • セイディーの中に母を見たジェーン
  • ジェーンの中に亡き娘を見たセイディー

“お互いにとっての自分という存在”を確認したところで、二人の関係性はより深くなり、ジェーンは車に戻り、パリへと向かう。

スポンサーリンク

まとめ

以上、”【ラストの意味は?】『チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密』を考察”でした。

「あなたのモヤモヤは解消されましたか?」

レビュー記事の方では、この映画の感想も書いているのでぜひ読んで下さい。

【感想・評価】『チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密』レビュー
ドリー・ヘミングウェイ主演のヒューマン・ドラマ『チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密』のレビュー。
タイトルとURLをコピーしました