【感想・評価】『ミレニアム2 火と戯れる女』レビュー

洋画レビュー
この記事は約2分で読めます。

『ミレニアム2 火と戯れる女』のレビュー。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の続編になっている。

スポンサーリンク

評価

ミレニアム2 火と戯れる女のストーリー

 前作の後、リスベットは平穏な日常を取り戻していた。

しかし、少女の買春を巡る一大スキャンダルをきっかけに、再びリスベットに危険が迫ることに…。

ミレニアム2 火と戯れる女の出演陣

役者 役名
ミカエル・ニクヴィスト ミカエル
ノオミ・ラパス リスベット
レナ・エンドレ エリカ
ペーター・アンデション ビュルマン など
スポンサーリンク

感想

リスベットの過去の因縁を描く

前作『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の後、長らく姿を消していたリスベット。

大金を手にした彼女は、外国で悠々自適の生活を送り、ようやく彼女にも平穏な日々が訪れたかに思えましたが、暗い過去が彼女を追って来ます。

二作目の今作は、そんな“リスベットの暗い過去”が一つのテーマになっており、彼女が自身のトラウマに苦しみ、もがく姿が描かれます。

観ていると「やはり、彼女に普通の人生は望めないのか」という残酷な疑問が生まれますが、一方で彼女を必死に助けようとする人たちの存在も描かれ、希望の光が差し込みます。

今作は前作以上にリスベットを中心にした作品になっており、彼女の活躍と苦悩が描かれるお話は非常に見応えがありました。

【注意】あくまでも、三部作の二作目です

今作のストーリーの発端は前作『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』ですし、完全な結末も『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』までお預けです。

三部作まとめて見ないといけません。

細部に綻びが見られる

  • リボルバーに残った指紋
  • 人質の死を確認せず、結果的に逃げられる
  • 誰にも告げずに犯人を追うボクサー

特にリボルバーに残った指紋に関しては、リスベットがこんな初歩的にミスをするとは思えず、「これも作戦のうちか?」と期待しましたが、結局本当のミスで拍子抜けしました。

一部、ストーリーを描くための強引な演出が用意されており、ストーリーの完成度は前作の方が上だったかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

「ミレニアム」ファンであれば観て損はない一作でした。

若干の粗さは感じましたが、前作『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の伏線は見事ですし、続編『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』への期待も高まる二作目です。

タイトルとURLをコピーしました