【感想・評価】『運び屋』レビュー/クリント・イーストウッドとブラッドリー・クーパーが共演

洋画レビュー
この記事は約3分で読めます。

クリント・イーストウッド監督/主演の一作。

イーストウッド監督作品の『アメリカン・スナイパー』で主演したブラッドリー・クーパーも出演しています。

スポンサーリンク

紹介

運び屋のストーリー

一文無しになってしまった御年90歳のアール。家族にも見放された彼は”ある荷物”を運ぶだけで高額報酬が得られる仕事を紹介され、「運び屋」としての道を歩むことになる。

運び屋の出演者

役者 役名
クリント・イーストウッド アール
ブラッドリー・クーパー コリン
ローレンス・フィッシュバーン 主任特別捜査官
マイケル・ペーニャ トレビノ
ダイアン・ウィースト メアリー
スポンサーリンク

感想

半世紀にも及ぶボタンの掛け違い

アールにとって家族への最大の奉仕は”お金を稼ぐ”ことでしたが、家族は父や夫として側に居てくれればそれで良いと考えていました。

この半世紀にも及ぶ、ボタンの掛け違いの結果が冒頭でまざまざと見せつけられます。

90歳を迎えたアールに残された物は、ボロいトラックとその荷台に収まるほどの家財道具のみであり、最愛の家族も、仕事一筋の彼に嫌気が差して疎遠になっていました。

アール「週60時間も車を走らせて、家族を食わせて来たんだぞ」

しかし、彼はまだ「なぜ、こうなったのか」が分かりません。

なので、今でもアールにとって家族とのコミュニケーションは”稼ぎ、それで家族を食わせる”ことでした。

そんな彼にとって、麻薬カルテルの仕事は”家族との関係を修復する”唯一残された方法であり、一文無しの老人でも出来る上に、高額報酬が約束されたオイシイ仕事だったのです。

ただ、彼は”分かっていない”ので、仕事は変わっても若い頃と同じ失敗を繰り返すことになります。

90歳を迎えたアールに残された時間は昔ほど多くないにもかかわらず、貴重な残り時間さえもこれまでのように使おうとします。

観ている者としては「アール!いつになったら気づくんだ!」という感じですが、90歳になってようやく「これまでのやり方は間違っていた」と気づいた時の後悔も相当なので、なんとも重い気持ちにさせられます。

段々と”運び屋”としてのアールよりも、夫や父としてのアールの行く末が気になってくるお話になっており、映画としてもそこに向けて収束していきます。

意外にも、家族の在り方や家族の一員としての生き方を考えさせられる映画でした。

(麻薬カルテルが登場する割にはどことなく和やかな映画です)

ブラッドリー・クーパーとの共演

ブラッドリー・クーパーは、クリント・イーストウッド演じるアールを追うDEA捜査官を演じています。

クリント・イーストウッドのように、ブラッドリー・クーパー自身も近年は俳優と映画監督の両方をこなしており、共通点の多い2人です。

そんな2人が共演しているシーンは、まるでクリント・イーストウッドがブラッドリー・クーパーに対してメッセージとエールを送っているように感じられ、そういう意味でも面白い時間でした。

スポンサーリンク

まとめ

ドシッと重く、そして温かみも感じる映画でした。

この映画は、お互いを思う気持ちの行き違いと、それがもたらす後悔を描く作品になっており、「運び屋」という特殊なテーマを通して家族の一員として生きることの意味を考えさせます。

タイトルとURLをコピーしました