【感想・評価】『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』レビュー

洋画レビュー
この記事は約3分で読めます。

ウィル・フェレル主演のコメディ映画。

マーク・ウォルバーグと共にクセの強い刑事を演じている。

スポンサーリンク

紹介

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!のストーリー

オタク気質な刑事アレンは無鉄砲な刑事テリーとコンビを組み、巨額のお金が動く難事件を捜査することに。

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!の出演者

役者 役名
ウィル・フェレル アレン
マーク・ウォルバーグ テリー
エヴァ・メンデス シェリー
マイケル・キートン ジーン
サミュエル・L・ジャクソン など 刑事
スポンサーリンク

感想

メタなジョークが面白い

この映画に出演している俳優の出世作や人気作を知っていると、それを意識したメタな台詞やシーンが数多く散りばめられていることが分かります。

ウィル・フェレル演じる会計士は『主人公は僕だった』の主人公っぽいですし、マーク・ウォルバーグ演じる刑事も『マックス・ペイン』の主人公っぽいです。

また、サミュエル・L・ジャクソン演じる刑事は『シャフト』ですし。

当然、彼らの出演作とこの映画の共通点は何もないのですが、観ている側としては薄っすらと意識させる作りになっており、それを踏まえた台詞やシーンが用意されています。

メタなジョークというのはこの映画の魅力の一つです。

サミュエル・L・ジャクソンとドゥエイン・ジョンソンが最高だった

この映画では脇役ですが、2人は他の映画では主演を張れる人たちです。

そして、彼らは”自らが主演する映画”ではかなり無茶なことをしても、主人公なので死ぬことはありません。

この映画ではそれさえもメタ視点からジョークに昇華させています。

ネタバレに配慮して詳細は書きませんが、サミュエル・L・ジャクソンとドゥエイン・ジョンソンの扱いはメタ視点と意外性の両面で面白いシーンになっています。

ほとんど全員が”足りない”

主人公を含めて登場人物のほとんどが”体だけ大人になった人たち”です。

登場人物が”見た目は大人、頭脳は子供”なので、子供じみた言動はもちろん、ブラックジョークも遠慮なく口にします。

この映画の魅力はそんな彼らによる品のないジョークの激しい応酬にあり、テンポとキレ抜群のジョークで楽しませてくれます。

個人的には”ある一言をきっかけに豹変する”主人公アレンがお気に入り。

普段はナヨナヨしている彼ですが、スイッチが入ると人が変わったように激高し、汚い言葉を吐くのですが、この二面性がこの映画のテンポをさらに良くします。

スポンサーリンク

まとめ

ジョークの応酬とデコボコ・コンビの掛け合いが面白い映画でした。

カメオ出演も含めて出演者は豪華ですし、お話のスケール感も大きく、しっかりお金と人を使って製作したことが分かる完成度の高いコメディ映画になっています。

▼関連記事▼

タイトルとURLをコピーしました