【感想・評価】『トランセンデンス』レビュー

洋画レビュー
この記事は約3分で読めます。

ジョニー・デップ主演のSF映画。

スポンサーリンク

紹介

トランセンデンスのストーリー

天才科学者ウィルは、自身の頭脳をデジタル世界に移植し、”自我を持った人工知能”として生まれまわります。

当初、彼のパートナーのエヴリンはウィルの復活を歓迎していましたが、次第に”デジタル版ウィル”に恐怖心を抱き始めるのでした。

トランセンデンスの出演者

役者 役名
ジョニー・デップ ウィル
レベッカ・ホール エヴリン
ポール・ベタニー マックス
キリアン・マーフィー ブキャナン
ケイト・マーラ ブリー

情報元 – IMDb

スポンサーリンク

感想

それでも「私」なのか?

“肉体は朽ちても意識さえ残っていれば私”なのでしょうか?

この映画には「何を持って自分自身とするか」というテーマが込められており、「意識さえ残っていれば私なのか」、それとも「肉体と意識が合わさって初めて私なのか」という問題を問いかけて来ます。

けど、結局は0と1の世界

ご存知の通り、コンピュータは0と1で何かを表現します。

一方で、人間の感情は0と1だけでは表現できないので、当然ながら「人工知能」と人間の間には埋められない溝が生じてしまいます。

また、「人工知能」は徹底したデータ主義。

世界中のデータを収集し、それを基に合理的な判断を躊躇なく下して行く存在なので、デジタル版ウィルはエヴリンの感情を体温や心拍数から理解しようとして彼女を困惑させます。

  • 「人工知能」は徹底したデータ主義
  • データを基に合理的な判断を下す

もちろん、これらはビジネスや医療の場などでは長所と言えますが、もはやそれは”最愛の人”とは呼べないのではないでしょうか? …

  • 私を私とするものとは?
  • 人工知能は最愛の人の代わりになれるのか?

というテーマを投げかけてくるストーリーになっており、示唆に富んだ映画になっています。

“終わり”が人を人間にさせる

「終わりがある」ということは尊い。

ネタバレに配慮して詳細は伏せますが、エヴリンとウィル(人工知能)は”終わり”を悟った時にようやく心を通わすのですが、これは「永遠ではない」ということが分かったからこそでした。

「この世に生まれたものには必ず終わりが存在する」からこそ、その限られた時間の中で相手を労り、寄り添おうとします。

この”終わり”の存在が人間らしさを生むのだと感じさせます。

欠点は予定調和的な展開と規模の小ささ

「人工知能の暴走を食い止める」というストーリーなので、自ずと解決策は限られて来ます。

結局、この映画の結末はその限られた解決策の一つだったこともあり、予定調和的なストーリーという印象を受けました。

また、非常に狭い世界でのお話でもありました。

人工知能となったウィルはインターネット接続された全てを制御し、生命までコントロールし始めます。

もはや全世界の脅威なのですが、お話がずっとアメリカの砂漠の小さな町で展開されるので、映画内で起きている大事件の割りには規模の小さいストーリーでした。

スポンサーリンク

まとめ

人工知能をテーマにした面白い映画でした。

「人工知能の暴走」だけではなく、「人間とは」「私とは」という根底にあるテーマも興味深いものになっており、私は楽しむことができました。

ただ、言ってしまえば全世界を巻き込んだはた迷惑なラブロマンス映画ですが。

タイトルとURLをコピーしました