【感想・評価】『アンロック 陰謀のコード』レビュー

洋画レビュー
この記事は約3分で読めます。

ノオミ・ラパス主演のアクション映画。

スポンサーリンク

紹介

アンロック 陰謀のコードのストーリー

過去のトラウマに苦しむCIAの敏腕捜査官が、バイオテロを阻止すべく奔走する。

アンロック 陰謀のコードの出演者

役者 役名
ノオミ・ラパス アリス
オーランド・ブルーム ジャック
トニ・コレット エミリー
ジョン・マルコヴィッチ ボブ
マイケル・ダグラス エリック など
スポンサーリンク

感想

序盤は間違いなく面白い

まず、主人公像が気に入りました。

この手の映画の主人公で、かつスパイだと「現場に出せ!」と息巻く脳筋タイプが多い印象ですが、この映画の主人公は真逆。

過去のトラウマが原因で、むしろ現場復帰を拒否します。

この”らしくない”主人公が新鮮でした。

アクションも、ヒューマン・ドラマもこなすノオミ・ラパスの良さが出ており、繊細な心を持った主人公像に、まず惹かれました。

そして、序盤の展開も良かったです。

スパイ・モノらしく、騙し、騙される展開が用意されており、掴みとして十分すぎる導入が用意されていました。

ちなみに、↑の導入で主人公はスパイとして致命的なミスを犯すのですが、”しばらく現場を離れていたことで現場感覚が鈍っていたから”という理由付けがなされています。

序盤に関しては、映画としての見せ場を用意しつつ、矛盾点はきちんと消化することをしているので、非常に期待が膨らみました。

中盤以降、ザツになっていく

主人公も、味方も、敵も、どこか抜けています。

例えば、敵が主人公を始末しようとする場面では「なぜ、主人公がそれをすることを前提に作戦を立てているの?」とツッコミを入れたくなります。

また、主人公の味方となるCIAやMI6もセキュリティがザルで、いとも簡単に敵が入り込むので、緊張感が全くありません

あと、最後の黒幕との決闘に関しても、映画的な見せ場を優先するあまり、「そんな余計なことをするから、主人公に反撃されるんですよ!」と言いたくなる展開になっていました。

序盤は”期待させる”内容だっただけに、お話を成立させるべく全員が少しずつおバカになって行く中盤以降は非常にガッカリしました。

配役がネタバレ

洋画をよく観る人であれば、その俳優と展開を見ただけで先が予想できるはずです。

あまりにもあからさまだったので、てっきり私は「これは観客のミスリードを誘う仕掛けだな、騙されんぞ」と構えたのですが、予想通りの展開だったので拍子抜けしました。

スポンサーリンク

まとめ

前半A級、後半B級の映画でした。

導入で「この映画はストーリーでも魅せてくれる」と期待させた分だけ、後半はガッカリ感が強く、私にとってはイマイチな映画でした。

タイトルとURLをコピーしました